水性・水溶性接着剤の開発・製造なら株式会社レヂテックス

お気軽にお問合わせご相談ください

お知らせ一覧 お問い合わせ

TOP

menu

造形用ラテックス「S-500」と「NRLATEX」の違いは?

よくある質問

造形用ラテックス「S-500」と「NRLATEX」の違いは?

q 造形用ラテックス「S-500」と「NRLATEX」の違いは?
a

下記のような違いがあります。

NRLATEX(非加硫型天然ゴムラテックス)

当社も原料として使っている天然ゴムラテックスです。乾燥後はあめ色になり粘度が低いので扱いやすく用途は広いですが、乾燥皮膜の強度はS-500に劣ります。S-500の粘度調整用に使えます。

S-500(加硫型天然ゴムラテックス)

天然ゴムラテックスに加硫剤として硫黄が配合されており、乾燥皮膜を加熱すること(※)で高い皮膜強度を得られます。粘度が高いのでハケ塗り用などによく用いられます。

※乾燥皮膜の加熱(加硫)方法

熱風乾燥機を使用して90~100℃×1時間ほど加熱(加硫)する、もしくは熱湯で1時間ほど煮る方法があります。その後、乾燥後室内に保管しておけばゆっくりと加硫されていきます。


Copyright(C) 株式会社レヂテックス All Rights Reserved.